メンズスラックスのエミネント-コンセプト-
スラックスの流儀
エミネントはスラックス専業のファクトリーアパレルです。
1949年の創業以来、日本人にあった美しいシルエット、
穿き心地のよさを求め続けてきました。
積み重ねた経験や技は、他社にはない私たちの「流儀」として、
ものづくりに生かされています。

意匠

-デザインシルエットのこだわり-
表からは見えない部分にも工夫を凝らし、
トレンドを取り入れたデザインを研究し、
お客様に満足いただけるシルエットづくりに常に挑戦しています。
メンズスラックスのエミネント|意匠
イタリア語で腹巻の意味である「パンチェリーナ」。 ナポリではスラックス仕立ての基本とされ、前立てが下がるのを防ぐことで、腰を包み込む着用感と美しいシルエットを生み出します。
メンズスラックスのエミネント|意匠
着用時にヒップラインのカーブに添うように作り上げられた 細幅の玉縁ピストルポケット。中間工程で熟練工の手アイロンを加え、抜群の着用感と美しいバックスタイルを作り出します。

織匠

-厳選した素材のこだわり-
素材も常に変化する中、長年の素材メーカーとの信頼関係のもと
快適性に優れ、穿き心地の良い素材の開発を行って参りました
メンズスラックスのエミネント|織匠
創業100年を超える日本有数の老舗メーカー「三甲テキスタイル」が、新たな プロジェクトとして日本に数台しかないションヘル式力織機を再生、稼働させて、 エミネントオリジナルの最高級羊毛生地(ウール)を織り上げています。
メンズスラックスのエミネント|織匠
日本固有の天然地下水を使用し、羊毛一貫工場で織り上げられた生地は柔らかく しなやかな風合い、優れた発色性を有した最高品質のスラックス生地となり、 エミネントマザーファクトリーで丁寧に縫製することで、 日本国内完全一貫の「メイドインジャパンの逸品」が生まれます。

工匠

-縫製のこだわり-
穿き心地の良さや型くずれしにくいシルエットを追求した結果、
製造工程数は123以上に及びます。
パンツ縫製用の特別な機械と工場スタッフの手作業で1本1本作り上げています。
メンズスラックスのエミネント|工匠
長年の日本人男性の体形研究をもとに、ワタリ部分に独自の立体的なボリュウームをつけるという匠の技を駆使し、抜群の穿き心地と美しいシルエット、立ち姿を作り出しています。
メンズスラックスのエミネント|工匠
一枚の平面の生地を体に纏うように縫い上げるために、123工程中の数多くの箇所 に熟練工の手によるアイロン、プレスがあります。このようにして誕生した 「丸いスラックス」はストレスのない体への添いを実現化しています。
エミネントの流儀

エミネントの流儀

スラックス一筋の熟練した職人技のものづくりには、 長い歴史をもつ日本随一のスラックスファクトリー アパレルならではの流儀があります。
エミネントのスラックスは、お客様にとっての付加価値を高めるため、 通常の2倍近い手間をかけて作られます。 平面の生地に人の体に添った丸みをつけるため、熟練工の技を生かした 工程を重ねることで、着用を繰り返しても型崩れしにくく、 長くご愛用いただける逸品が生まれます。不思議なほど体に馴染み、 穿くというより「身にまとう」感覚の究極のスラックスです。

丸いスラックスを作る9つの「匠」

平らな生地を体にまとうように縫い上げるうえで最も重要なのは、生地などが重なる腰部分。 ストレスのない体への添いと、しっかりした穿き心地を実現するための開発を日々続けています。 足腰の動きによってスラックスが体に与える負担を軽減し、美しいシルエットを保つ独自の「匠」があります。
丸いスラックスを作るエミネントスラックス9つの「匠」
メンズスラックス オリジナル帯芯・オビ割りアイロン
1.オリジナル帯芯・オビ割りアイロン
マイスターの匠のアイロン技で、ウエストに添うような帯の基礎カーブを丁寧につけています。 独自開発の帯構造は、穿くほどに体になじみ、包み込むような着用感を実現します。
メンズスラックス オリジナルファスナー
2.オリジナルファスナー
YKKと共同開発したオリジナルファスナー。左右幅の違うファスナーテープを別々に縫い付けることで小股を美しく見せる、秘密の設計思想があります。
メンズスラックス サイドのふくらみ
3.サイドのふくらみ
立ち姿の美しさのポイントの一つは腰の柔らかい丸みです。ヒップトップに合わせてサイドにもゆとりを持たせることで、着用時に美しいシルエットが生まれます。
メンズスラックス 小股プレス
4.小股プレス
最も素材の重なり合う小股部分は唯一アイロンをかけにくい箇所。独自開発したプレス機で、緩やかでキレのあるすっきりとした形状と微妙なフィット感を生み出します
メンズスラックス クラッチ
5.クラッチ
股下の縫い目(内側、外側)の縫いしろ幅を前後で変えることで、ラインをまっすぐに戻す復元力が生まれます。これによって脚部分のきれいなシルエットを保ちます。
メンズスラックス 袴タック
6.袴タック
ウエスト内側は丸みと動きに合わせた伸縮性が必要 です。タックを入れることで、動きを阻害することなく着用感を著しく向上させます。
メンズスラックス ピストルポケット
7.ピストルポケット
体に添うように設計された細幅玉縁ポケット。ヒップラインにフィットさせるためにプレス工程を加え、口を開きにくくし、後ろ姿を美しく整えます。
メンズスラックス ロックパイピング
8.ロックパイピング
高級パンツではパイピング仕様が多い中、さらに 独自の糸を使用してソフトに仕上げています。素材の重なる部分の着用感を快適にする、 エミネントのこだわりの一つです。
メンズスラックス 尻くせ取り
9.尻くせ取り
長年の日本人男性の体形研究をもとに、ワタリ部分に独自の立体的なボリュウームをつけるという匠の技を駆使し、抜群の穿き心地と美しいシルエット、立ち姿を作り出しています。
松浦工場
日本一のスラックス工場を自負する自社工場。
そこで生まれるスラックスは、一本一本が私達の誇りです。
松浦工場について
News & Topics
2018.08.09
弊社の成長戦略(EC、海外への販路拡大)に関し、繊研新聞に記事が掲載されました。
2018.07.12
災害支援として広島県呉市にエミネントのパンツを116本寄付いたしました。
2018.06.25
EC通販サイト 「EMINENTO SLACKS ONLINE」をオープンいたしました。エミネントのコーポレートサイトをリニューアルいたしました。
2018.06.12
イタリアフィレンツェにて開催されたメンズファッション市 ピッティウォモに出展いたしました。