在宅勤務・テレワークで困らないメンズスラックス服装コーデ例 web会議リモート会議で上げるファッションセンス

在宅勤務で着るパンツはどんなものが良い?

テレワーク会議あるんですか!?在宅勤務のパンツ選びに迷う

在宅ワーク パンツ

震災や災害、新型コロナウィルスの流行などをきっかけに、在宅勤務、テレワークの推進をする企業も増えてきました。
在宅勤務はメリットもある分、デメリットもあります。
仕事にメリハリがつかない、集中が出来ない、web会議やビデオ会議があるから服装に困る、などファッションに関する悩みもちらほら。
スーツ通勤から在宅勤務になった、在宅ワークでもテレビ会議、web会議があって仕事着に悩むという方、自宅勤務やテレワーク、リモートワークでスーツでなくてよくなったが、仕事に集中する服装がしたいという方におすすめのパンツファッション、ボトムスコーディネート例をご紹介いたします

web会議で明らかになるファッションセンス!おすすめの在宅勤務パンツファッションコーデ例

在宅ワーク パンツ

テレワーク会議で在宅勤務パンツファッションのポイントとOK例NG例

在宅ワーク パンツ
在宅ワーク パンツ

在宅勤務では服装の指定まではないのが一般的です。
かといって、寝巻のままの仕事は集中できないのではないでしょうか。
普段の通勤服やスーツとまではいかなくても、テレビ会議やweb会議で恥ずかしくない、ピリッとした清潔感のある服装がおすすめです。

デスクワークがしやすいストレッチパンツ
ジャケットは必ずしも必要ではない。ただし、シワのないシャツはマスト
ジャケットやカーディガンなどトップスとパンツにはカラーのメリハリをつけて

などがおすすめポイントです。
一方で、寝巻のまま、ヨレヨレのTシャツ、汚れの付いたパーカー、ジャージなどはあまりおすすめできません。
web会議など、顔を見せあいながらの打ち合わせがある方はより服装、身だしなみを気にした方が良いのではないでしょうか。
顔だけしか映っていないと思って気を抜いていると、立ち上がったらジャージだった・・・なんてことにならないようパンツファッション、ボトムスコーディネートにも気を使いましょう。

自宅勤務になって、仕事に集中していないのかな?と上司や同僚に思われてしまうのももったいないですね。
いつもはスーツでびしっと決まっていても、私服になると印象が変わります。
「自宅勤務なのにスーツ??」と思われてしまうのもなんだか嫌ですよね。
在宅ワークとして仕事に集中できる服装、仕事がしやすい服装、web会議などでも周りを安心させるしっかりとした服装のコーデ例を見ていきましょう。

「おしゃれですね!」web会議で見直される30代40代におすすめの在宅勤務・パンツコーディネートパターン

在宅ワーク パンツ

早速おすすめの在宅勤務ビジネスカジュアルコーディネートパターンの画像とコーディネートする際のポイントを見ていきましょう。
毎日の服装のコーディネートパターンをあらかじめ押さえておけば、悩むことなく仕事にも集中できますね。

①ジャケット×シャツ

テーラードジャケットにシャツを合わせたスタイルはデスクワークとして最もしっかりした印象に見える組み合わせです。
スラックス用のシャツは裾をパンツインすることを前提に着丈が長く作られています。
一方でカジュアルシャツの多くは裾を出すように作られています。
シャツの裾の位置に替えのボタンが縫い付けられている場合は、パンツイン用のシャツです。
web会議などでは主に上半身が映ります。
襟や前身ごろには特にシワがないようにしたいですね。
またジャケットの方にもフケなどが付いていないよう、清潔感のキープに気を付けましょう。
ネイビーなど濃い色は顔を明るく血色よく見せる作用があります。
web会議でも爽やかな印象に映ることでしょう。

在宅ワーク パンツ

②セーター×パンツ

毎日同じ服にならないようにするのにセーター×パンツはおすすめです。
デザインが多くあり、毎日変えれば新鮮さもあって仕事に集中できます。
ジャケットよりリラックスできるのも良いポイントです。
仕事の場合、あまり華美になり過ぎないニットがよいでしょう。
シャツに合わせるにはハイゲージの網目の細かいセーターがおすすめです。
また、セーターを一枚で着る(インナーにカットソーを着る)と首周りがすっきりして見えますが、カジュアルな私服の着こなしになります。

在宅ワーク パンツ

③カーディガン

オフィススタイルとしてよく使われているカーディガンもジャケットの代わりとして使えるアイテムです。
ジャケットよりも柔らかくて肩が凝りにくい他、落ち着いた雰囲気、セーターに比べても知的な雰囲気がありますね。
脱ぎ着がしやすいアイテムでもあるので在宅勤務ファッションとしてもパンツに合わせやすいアイテムです。
ただ、茶色やくすんだ色、ゆったりし過ぎるカーディガンを30代以上の男性が着るとおじさん臭く見えてしまうこともあるので注意しましょう。

在宅ワーク パンツ

④ジャケット×カットソー×パンツ

Tシャツのように1枚で着るスタイルは首元に抜け感があり、カジュアルでセクシーな印象のコーデを作ることが出来ます。
ジャケットを羽織るだけでも仕事に集中できます。
Tシャツ姿が一番仕事がはかどる、という方も、web会議などではジャケットを羽織るだけで印象が引き締まり、ビジネス風の印象になります。
無地のシンプルなカットソーで、首周りの露出があまり高くないTシャツがおすすめです。

在宅ワーク パンツ

⑤ポロシャツ・カットソー×パンツ

ポロシャツは襟があるので、Tシャツ×チノパンツ一枚の服装よりしっかりとした雰囲気になります。
スポーツ系のポロシャツよりはシワも目立ちにくいニットポロがおすすめ。仕事のパンツに合わせればキチンと感がぐっとアップします。
スポーツ系のポロシャツを何気なく仕事のパンツに合わせると、休日のお父さん感が出てしまうので注意が必要です。
また襟が寝ているとカジュアルな印象になります。
仕事感を出すには襟が台襟という、シャツのような襟型のポロシャツがおすすめです。パンツがカジュアルなものでも、これをチョイスするだけで、在宅勤務のパンツファッションがセンスアップします。
Web会議のない時は、カットソーでもいいかもしれません。しかしながら、カットソーのボトムスにスラックスを合わせるのはやめましょう。カットソーにはあくまでも、カジュアルなパンツを合わせるのが基本です。

在宅ワーク パンツ
在宅ワーク パンツ
在宅ワーク パンツ

ジャケパン系在宅勤務パンツファッション

在宅ワーク パンツ

ジャケットにシャツ、パンツといったいわゆるジャケパンスタイルは、在宅勤務ファッションとしてはかなりきっちりしたファッションで仕事に対する集中力を感じさせます。
自宅以外のカフェなどのリモートワークにも適したファッションです。

私服系在宅勤務パンツファッション

在宅ワーク パンツ

カジュアル度の高い私服ファッションも、メリハリのあるパンツ選び、清潔感のあるパンツ選びを心掛けましょう。
毎日の仕事のマンネリ防止や、気分の入れ替えにもパンツを変えることは有効です。

座りやすいストレッチパンツ

在宅ワーク パンツ

在宅勤務の場合、スーツのようなセンタープレスのスラックスを穿かなくても良いでしょう。
web会議やテレビ会議でも上半身しか映らないのがほとんどです。
下半身はジャージで、という方も、ふとした瞬間に映ることもあるので気は抜けません。
仕事のしやすさを重視してストレッチの効いたパンツがおすすめです。
ひざやおしり周りを曲げた状態でもストレスが小さいので長時間のデスクワークにもピッタリです。

web会議・テレビ会議で老けて見えない、おじさん臭く見えないパンツ選びのコツ

在宅ワーク パンツ
在宅ワーク パンツ

パンツ選びをするうえで、30代40代が一番思い悩むことの一つに、
「おじさんくさい」と言われないようにするにはどうしたらよいか、
があります。
まだ20代前半にもかかわらず、30歳40歳に見えてしまう人がいる一方、
40代なのに10歳以上若く見られる人もいるのです。
年齢相応、または年齢よりも若々しく見られる男性は、女性から見ても魅力的に映るものです。
パンツファッションで気を付けたい点は以下の2点です。
この二つを気を付ければかなりの部分で年齢よりも若々しいファッションを手に入れることが出来るはずです。
言うまでもなく、ポイントになるのはパンツです。

オーバーサイズのパンツを選ばないこと

在宅ワーク パンツ

スーツのスラックスにしろジャケパンにしろ、シャツに合わせても、サイズが大きいパンツを穿いてしまうとどうしてもだらしなく見えたり、老けて見えたりしてしまいます。
男性は年齢を重ねるにつれて体格がよくなってくる方がほとんどです。年齢ですからある程度仕方ありません。
それにつれてウエストサイズを大きくしていまう方が多いのですが、同じサイズでも、アイテムごとに大きく見えてしまうポイントがあります。
パンツは
①太すぎる
②裾丈が長くダブダブしている

このようなパンツシルエットはサイズ以上に大きく見せてしまい、老けて見えたり、野暮ったく見えてしまいます。

合わせるトップスにも気を使うのが、パンツファッションを格上げするポイントです。
ジャケットで言えば、
①肩パッドが大きすぎる
②着丈が長すぎる
③ウエストの絞りがなく寸胴

シャツで言えば
①着丈が長すぎる
②パンツインしても裾がダブダブしている

顔周りに影響するトップスも、大きすぎるサイズはくたくたに疲れた印象を与えてしまいます。
疲れた印象は年齢以上に老けて見えてしまいますので注意しましょう。

くすんだ色の服に組み合わせてパンツを選ばないこと

在宅ワーク パンツ

男性は特にですが、年齢を重ねると服の好みが地味になってきます。
落ち着きがある、といえばその通りなのですが、老けて見えてしまう要因にもなります。
茶色、カーキ色、深緑、グレーなどが全身のほとんどを占めてしまう場合は要注意です。
黒またはネイビーと白をメインにパンツはグレーを合わせ、ブラウン系を全体の1割くらいに抑えた色使いが爽やかで若々しく見えます。
ジャケットにネイビーを用いると若く見えます。それが少し若すぎて嫌な場合は、ジャケットにグレーを用いると少し年齢層が上に上がっても大丈夫です。
こげ茶色のジャケットやパンツは年齢イメージを大きく上げてしまいます。30代40代では選ばない方がよいでしょう。

在宅勤務・在宅ワークで困らないパンツコーデ例 まとめ

いかがでしたでしょうか?
急に在宅勤務になった方は通勤時間が減るなどメリットを感じることも多いようですが、 日々の仕事のメリハリなどデメリットを感じることも多いようです。
服装の入れ替え、生活のメリハリが仕事の効率をより上げるポイントになります。
パンツからファッションを前向きに取り入れ、快適な在宅勤務、テレワークをお過ごしいただければと思います。