定番カジュアルパンツ。チノパン選びのポイントとおすすめ商品

チノパン メンズ

チノパンはチノクロス素材を用いたトラウザーで、もともとはアメリカ陸軍の軍服として採用されていたユニフォームのことを指します。ただ、近年は当時のチノクロス素材だけでなく、ストレッチを配合したタイプもチノパンに含まれることが増えました。また、最近ではチノパンのほか「チノ」、もしくは「チノーズ」と呼ばれることも多く、カジュアルな着こなしはもちろん、きれいめコーデ派からも支持を集める定番アイテムに。

ちなみに、よく綿パンツ(コットンパンツ)と混在しているケースが多いですが、これは綿(コットン)素材で仕立てられたパンツの総称を指すため、チノパンはコットンパンツに含まれます。

1:チノパンを選ぶ際に注意したい。押さえるべき重要な3つのポイント

素材はもちろん、チノパンはシルエットもさまざま。豊富なラインアップが魅力ではありますが、大人がタウンユースとして取り入れるためのポイントを3つ挙げてみます。いずれも難しいものではなく、簡単なことばかり。チノパンを新調しようと考えている方は、ぜひ参考に。

【ポイント1】ルーズシルエットはNG。大人に似合う、ストレートかスリムシルエットを選んで
チノパン メンズ

ダボっとしたシルエットは、難易度が高く野暮ったく見えてしまいます。選びたいのは、ストンと落ちるストレートシルエットか細身に仕立てられたスリムな1本。土っぽさは皆無で、スタイリッシュにはくことが可能です。

また、ここ最近は膝から裾に向かって細くなるテーパードタイプも人気。このシルエットを採用するチノパンも多いので、合わせてチェックしてみてください。

【ポイント2】1本目は着回し力の高いベージュ。2本目以降はネイビーやブラック、オリーブがおすすめ
チノパン メンズ

最初に入手してほしいのがチノパンの定番カラーであるベージュです。大人の着こなしに欠かせないネイビージャケットや白シャツといったアイテムと相性が良く、合わせるアイテムを選びません。2本目以降は、手持ちのアイテムに合う色をセレクトして下さい。ネイビーやブラック、オリーブといったコーデの鉄板カラーがそれに当てはまります。まるでジーンズのような着回しやすさが感じられるはずです。

【ポイント3】丈の長さはジャストからやや短めを選択して
チノパン メンズ
チノパン メンズ

ルーズシルエットの話と同様に、裾がたるむ程の長めのレングスだともたついたイメージに。ジャストサイズからくるぶしが見える程度の短め丈を選ぶことで、洗練されたシルエットにまとまります。

どうしても長め丈が好みという場合は、ロールアップして調整するのもあり。ただしその場合も、1から2ロール程度でくるぶしが露出するような着こなしがおすすめです。ロールアップのしすぎは裾の厚みが増して上品さに欠けてしまうので、ご注意を。

2:カジュアル派・きれいめ派別。質・シルエットともに定評のある人気商品

大人がはくのにふさわしいエミネントの代表モデルをピックアップ。普段の着こなしがカジュアルなのか、きれいめなのか、それぞれの派閥の人別に、それぞれのコーデにハマりやすい1本をレコメンドします。

▼カジュアル派チノパンのおすすめ
【カジュアル派チノパン1】
エミネントカジュアル ストレッチコットンパンツ
チノパン メンズ

大人なチノパンの代表格としてまず頭に浮かぶ『ワンタック』。世界中で評価されるエミネントきっての名作は、丈夫で汚れにくく、耐久性も抜群。色展開もベージュやネイビーなど、押さえておきたいカラーが勢ぞろい。ゆるやかなテーパードシルエットが、大人にハマります。

【カジュアル派チノパン2】
カルツォーニ ストレッチチノ
チノパン メンズ

ローウエストかつ、細すぎず、太すぎずのシルエットが美脚ラインを描き出す『カルツォーニ』の1本。イタリアパンツのようなディテールにこだわりが見られるほか、そのカラー展開も魅力的。ストレッチ性の高いツイル素材のため、穿き心地も申し分なしです。

【カジュアル派チノパン3】
エミネントカジュアル ハイパワーストレッチコットンパンツ
チノパン メンズ

大人が穿ける日常着として全国のエミネントショップでも人気が高く、デパートではタウンカジュアルはもちろん、現役世代のビジネスカジュアルから、大人のトラベルまで幅広い層から支持を集める『ハイパーストレッチ』シリーズ。通称06型と呼ばれるスリムシルエットももはや定番になっていますが、本作はひざからすっきりとしたテーパードラインを描くシルエットが秀逸。ストレッチ入りの素材を採用しているため動きやすく、コットン100%のゴワゴワ感が苦手な人にもおすすめの1本です。ゴムマーベルト仕様で快適さもフォローしている点もグッド。

▼きれいめ派チノパンのおすすめ
【きれいめ派チノパン1】
エミネントプレミアム 日本製ストレッチワンタックカジュアルスラックス
チノパン

1949年にスラックスの専業メーカーとして大阪東区で創業し、今ではパンツの専業ブランドとして確固たる位置にいる『エミネント』。日本国内はもとより、海外でも高い評価を誇るパンツブランドの1本は、程良くゆったりはける腰回りと、裾に向かってテーパードする絶妙なラインが特徴です。カジュアルなスタイリングはもちろん、ジャケットと合わせたジャケパンコーデとも相性抜群。その美しいシルエットはコーデに迷ったときについつい手が伸びる、ワードローブ1軍入り間違いなしの1本です。

【きれいめ派チノパン2】
カルツォーニ ビンテージハウンドトゥース ワンプリーツスリムテーパード
チノパン メンズ

エミネントを代表するパンツブランドの一つ『CALZONI(カルツォーニ)』。『越前屋(ECHIZENYA)』として、PITTIUOMOに出展し今や世界中で人気のパンツブランドです。こちらの1本は定番をより美しいシルエットにアップデートした細身テーパードモデル。脚を長く見せる美しいラインのチノパンは、定番のベージュやオネイビーとは一風変わった、先染めカラーで展開しているので好みに応じてセレクトしてください。

【きれいめ派チノパン3】
プレミアムパターンオーダーエミネントプレミアム ストレッチコットンスラックス

ご存じ、ファクトリーブランドとして世界的に確固たる地位を築いている日本発の『エミネント』を違った視点から捉えて、スタイリッシュなウェアとして再構築した海外ラインの『越前屋(ECHIZENYA)』。本作は海外展開されるパンツのなかでも抜群の人気を誇る定番の素材です。シルエットはすっきり見える「ノータック」、ゆとりの「ワンタック」、ゆったりした穿き心地の「ツータック」3つのデザインシルエットからお選びいただけます。例え細身シルエットを選んでも、ストレッチの効いたコットンツイル生地を採用しているので、抜群の穿き心地のチノパンを体感できます。

セレクトショップオリジナルだけではありません。この1本は年間2000本以上を販売する『エミネント』きってのロングセラーモデルです。その人気の秘密は美しいフォルムと、動きやすさを考慮したゆとりある腰回りのシルエット。また、通常のテーパードパンツと比べて高い位置から絞りが入っているので、グッと脚が長く見えるよう工夫がされています。そして、一般のお客様のみならず、立ちしゃがみの多いショップスタッフのリピート率も高く、タフさも折り紙付き。

パンツ専業ブランドとして多くのファンから支持を集める『エミネント』。日本のブランドらしい日本人の体型に合った美しいシルエットと、独自のセンスで味付けされたギミックの効いたデザインをカスタマイズ出来ます。大人の余裕には必須のタックを入れることも出来、シンプルなシャツなどのスタイルに取り入れるのもおすすめ。

「高級スーツを着る人の普段着」として人気の高い『エミネントプレミアム』。仕立ての良いテーラードジャケットと合わせてもマッチするパンツを多く展開するラインの1本は、膝下がすっきりシェイプされた美脚ラインが特徴のスリムテーパード。定番のカラー展開で爽やかなスタイリングが可能。また、ウエストフリーのオプションをカスタマイズすれば、ウエストにストレッチゴムが入るので細身でもストレスフリーに穿くことができます。

1969年長崎県松浦市で創設したパンツファクトリー『エミネント松浦工場』。日本が世界に誇る品質の証明『J∞QUALITY(Jクオリティー)』が目をつけた老舗ファクトリーの本来のフィールドは、ドレスパンツにあります。ですが、最近ではカーゴパンツやドローストリングパンツ、そして本作のようなチノパンに定評のあるブランドとして認知されるようになりました。ファッションやスポーツ、そして遊びの好きな40代以上の男性をターゲットするブランドのチノパンは、穿けば分かる美しいシルエットが特徴。脚を細く長く見せる絶妙なシルエットは、『エミネント』松浦工場製ならでは。